Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

『エヴァのふれあいパーティー』の評価と口コミ

eva

エヴァは全国に展開する婚活パーティー会社です。
<エヴァの特徴>
● パーティーの進行が早いのでドタバタする。
● 複数のアドレス交換とカップリングがある。
エヴァの公式サイトはこちら

<エヴァのふれあいパーティー体験記>

■評価 3/5 ★★★✩✩
 ・【カップリング制度】あり
 ・【連絡先交換】複数交換可能
 ・【女の子のレベル】普通

■体験結果まとめ 

  1. 女の子のレベルが低い。おそらく2人組の子の参加が多く、フリータイム公開処刑を友達と一緒に耐える事ができるからだろう。
  2. 人数が多いので、数を打てば当たるかもしれない。
  3. パーティーの進行自体は、早すぎてカードの記入などアタフタする。
  4. フリータイムは必ず着席しなくてはいけないので、出遅れると苦痛。
  5. 真剣な出会いというより、街コンの延長のような雰囲気
  6. カップリングが発表されるのだが、気に入った子がいなくてもカップルになれないとなぜかガッカリ感がある

 

■エヴァの実録体験記

[メールゲット数:1 | カップル:×]
2014年11月の土曜のお昼。
名駅から少し歩いた「住友生命名古屋ビル26階レストランスカイプラザ」で行われているパーティーへ参加してきた。

まず、場所がわかりにくいので、ここに地図を載せておく。
住友生命名古屋ビルの場所はここ」(googleマップで)

エレベーターは25階までしか行かないので、まずはそこまで上がり、そこから階段で26階まで上ってください。

部屋へ入って最初に思ったのは、夜景が綺麗だということ。
雰囲気もなかなか良い感じ。女の子の人数も多く、「お!これは期待できるかも」っとワクワクしていた俺は甘かった。

「かわいい子がいない」ずらっと周りを見渡したのだが、レベルが低い。普通の子が可愛く見えてしまう状況だった。

「今回はハズれか・・・」
そう思いながらプロフィールカードを記入して終えた時、パーティーはスタートした。

まずは恒例の1対1トーク。
基本的に女の子は友達と来ている子ばかりで、ほとんどが2人組だ。

ちなみに余談だが、男も友達と一緒に参加しているヤツが多く、そういうヤツに限って異様に騒がしい。

「ほとんどが、可愛くない子だったせいか、普通の子が可愛く見えてしまうという現象が発生。

とりあえず普通の”A子”と”B子”の2人をロックオン。

1対1のトークが終わった段階で、カードに第一印象を記入。
たしか6人まで丸を付けれるルールだったので、とりあえず6個の丸をつけた。

集計を待つ間、並べられている料理を取りに行った。
料理はまぁまぁといったところ。食べられるだけマシといった感じだ。

「この集計を待っている間も、フリータイムという感じなのだが、イマイチどうしていいかわからない状態となる。気になる子がいたら積極的に話しかけに行くのも手かもしれない。

俺は、誰もいない席へ移動し、ゆっくりと夜景を見ながら食事をした。
だが、女の子から見るとやる気が無いと受け取られかねないので、できれば気になる子の席へ行き、一緒に食事をした方が良いだろう。

しばらくして、第一印象カードが返ってきた。
ロックオンした”A子”と”B子”の両方から○がもらえていた。
少しだけテンションが上がった。

そして、スタッフのアナウンスに従って、フリータイムが始まるのだが、まずは男性全員が起立して、一列に並ばされた。

通常は、一斉にイス取り合戦が始まるのだが、このパーティーでは、「1~10番までが、まずは好きな席へ移動」というように、人数を区切って椅子取り合戦をするスタイルだった。

「たしかに、この方がお目当ての子の席を取れる確率が上がる。

とりあえずA子の席へ座ることができ、適当に会話をした。
2回目のフリータイムでB子の席へ移動しようとしたのだが、すでに別の男が席を陣取っていたので、しかたなくぼーっと立っていると、スタッフが「必ずどこかの席へ座って下さい」という、鬼のような催促をされた。

しぶしぶ、まったくしゃべりたくない2人組の子の席へ座るが、終始無言。
夜景をぼーっと眺めて時間をやり過ごす

フリータイムが終わると、男女共に起立して、一列に並ばされる。
そして、気に入った人に連絡先を渡す為のカードを記入する。

俺はA子とB子へのカードを記入して、スタッフへ手渡した。

そして次に、気に入った子の第一希望と第2希望を書くカードへ記入する
俺はB子を第一希望にし、A子を第2希望にした。

B子とはフリータイムで話していないので、カップルにはなれないだろうと思ったが、一応ルックスでB子を選んだ。
A子はなかなかの好印象だったので、カップルになれる確率は高いと思った。

そして、いよいよカップリングの発表。
この時は5組みのカップルが誕生したのだが、俺の番号は呼ばれなかった

「かわいい子がいないにも関わらず、無駄なガッカリ感を感じた自分が不思議でならない。

パーティーが終わると、そそくさと会場を後にした。
今日の収穫はゼロ。
・・・っと思ったのだが、「2日後にA子からメールが届いた。

「今度、食事でも行きましょう」っと。

冷静に考えると、A子はあの中では普通の子というだけで、タイプではなかった。
勘違いさせてもいけないので、
「また今度、行きましょう」
と、当たり障りのないメールを返して終了した。

エヴァのパーティーで出会えるような気がしない俺であったが、今回たまたま悪かったのか会場が悪かったのか、あと数回は参加して判断したいと思う。

エヴァの公式サイトはこちら

 

エヴァのふれあいパーティーの口コミ・評判