Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

婚活パーティーでモテる方法【男性編】

女性からモテる方法

婚活パーティーでモテる方法(男性編)。
婚活パーティーで、女性からモテるようになるためのポイントを解説していきます。知っているのと知らないのとでは、連絡先をゲットする確率が大きく変わります。


<男性が女性からモテる方法>

<パーティー開始直前>
◎目の前に座っている女性とさりげなく会話をしておく事で、一歩リードする。
◎パーティーに慣れていないような感じで振舞う。
◎あまり周りをキョロキョロしない。物色しない。
◎受付をする所から、女性に見られていると意識して振舞うこと。

<モテる1対1トークのやり方>
◎最初の入りは、挨拶から。
◎おどおどしたり、女性を立て過ぎない。(媚びているように見られる)
◎横柄な感じにならないようにする。(初対面ではそれなりの礼儀正しさが必要)
◎会話が終わったら「また後で話そう」と告げる。

<トーク内容>
◎挨拶の次の一言目は、何か褒める。(ルックスなどの外見以外で)
◎褒める所がなければ、プロフィールカードから何か突っ込める話題を探す。
◎突っ込める所がなければ、普通に質問をする。
◎会話は質問と共感をベースにする。
◎聞かれてもいないのに、自分のプロフィールについて話さない。
◎自分の話しは体験談を中心に話すこと。
◎話すスピードは早口にならないように少しゆっくりと。

<パーティー開始直前>

◎目の前に座っている女性とさりげなく会話をしておく事で、一歩リードする。
開始までの間、目の前に座っている女性とはフリータイムのようなもの。
ここで少しでも会話をしておくと、かなり好印象を持ってもらえる。

◎パーティーに慣れていないような感じで振舞う。
パーティーに慣れていると思われると、「毎回参加してるのに誰ともうまくいかなかったダメな男」だと思われます。知っている事でも、知らないようなフリをしておくのが無難です。

◎あまり周りをキョロキョロしない。物色しない。
パーティーは全員が集合するまで少し時間がかかります。そんな時にやってしまいがちなのは、女性の物色。まわりをキョロキョロしているだけで、落ち着きがないガッツいた男と思われます。あとで全員の顔はわかるので、キョロキョロしないでじっとしていましょう。

◎受付をする所から、女性に見られていると意識して振舞うこと。
会場に入る前から、女性は男性をチェックしています。行動が横柄だったりすると、かならずチェックされています。

 

<モテる1対1トークのやり方>
◎最初の入りは、挨拶から。
最初は挨拶から入るのが良いです。ツッコミから入るパターンもありますが、女の子によっては嫌悪感を抱かれる場合があるので、無難に挨拶から入りましょう。

◎おどおどしたり、女性を立て過ぎない。(媚びているように見られる)
よくありがちなのが、誠実さを出そうとして必要以上に丁寧に振舞ったり、女性を立てすぎてはいけません。
自信が無く、頼りがいの無い男に見えてしまいます。

◎横柄な感じにならないようにする。(初対面ではそれなりの礼儀正しさが必要)
女性に気を使いすぎるのもよくありませんが、逆に横柄な感じになるのもよくありません。
初対面で横柄なのは、ただ高圧的で野蛮な印象を与えるだけです。
ある程度礼儀正しく、やさしさと強さのバランスをとりながら会話をしましょう。

<トーク内容>

◎挨拶の次の一言目は、何か褒める。(ルックスなどの外見以外で)
挨拶の次の一言目は、かなり重要です。無難にいくなら、
「はじめまして。○○と申します。」なのですが、他の男と同じになってしまい、印象付けができません。
なので、何か気がついた所を褒めましょう。 イヤリングとかネイル、カバンなど、ルックス以外の点を褒めてください。

よくありがちな失敗は「かわいいねー。モテるでしょ?」というトーク。
これは言われた方も困りますし、かわいい子に「かわいい」と言っても何の効果もありません。

◎褒める所がなければ、プロフィールカードから何か突っ込める話題を探す。
褒める点が見つからなければ、プロフィールカードからツッコめそうな話題を探します。
例えば、ペットに”猫”と書いてあったら、「お!猫かってるんだ?」と。
ポイントはツッコむような感じで会話を切り出すことで、楽しい感じを演出すること。

◎突っ込める所がなければ、普通に質問をする。
突っ込める箇所がなければ、普通に質問から入りましょう。
「いつも休みの日は何をしてるんですか?」といった感じです。
ただし、このトークは普通のトークなので、ここから会話を盛り上げていく事が大事です。

◎会話は質問と共感をベースにする。
会話を進めるポイントは、まずは質問です。女性から男性へ質問をしてくる事は少ないです。まずは男性側が女性に質問をして会話を広げて行きましょう。その時にポイントとなるのが、質問に対して答えが返ってきたら、必ず共感しましょう。
共感をしないと、「この人、何の為に質問してくるの?沈黙が怖いから?それとも個人情報を知りたいの?」といった違う方向に進んでしまいます。
必ず答えが返ってきたら共感をしましょう。そして、また質問をするという流れを作れればスムーズです。

◎聞かれてもいないのに、自分のプロフィールについて話さない。
自分を売り込もうとして、自分のプロフィールについて話したがる人がいますが、基本的にやめた方が良いです。相手はあなたにそれほど興味が無いので、プロフィールを語られても苦痛なだけです。

◎自分の話しは体験談を中心に話すこと。
自分の事を話すなら、ステータスではなく体験について話しましょう。しかも、会話の流れの中から自然に自分が体験した話しをしましょう。

「そんな話しをしてたら、自分の事を何も伝えられずに終わってしまうじゃないか?」と思っている方もいるかもしれませんが、ほとんどの女性は、短い時間のなかで男性の「雰囲気」を見ています。
ステータスも大事ですが、それはプロフィールカード見ればわかること。
会話は、ステータスの自慢ではなく、人柄がわかるような体験談について話しましょう。

◎話すスピードは早口にならないように少しゆっくりと。
話すスピードが早いと、せっかちでガッツいてる人だと思われてしまいます。すこしゆっくり話す方が良いです。またすこしハキハキと話すように心がけるとなお良いです。